豊加美小学校におけるコンピュータ利用及び情報モラルガイドライン

下妻市立豊加美小学校

1 趣旨
このガイドラインは、豊加美小学校のコンピュータネットワークを利用した教育活動をより効果的に行うために、コンピュータ及びインターネットの活用のあり方を示すとともに、児童及び関係者の人権を尊重しながら、安全で効果的な情報活用能力及び情報モラルを育てることを目的とする。

2 コンピュータ及びインターネット利用の基本

コンピュータ及びインターネットを利用するにあたっては、児童及び関係者の個人情報の保護に努めるとともに、児童の情報活用実践力の育成を図るものとする。また、各教科においてインターネットを積極的に活用し、開かれた学校づくり、総合的な学習の時間、国際理解教育、情報教育等の教育課題の推進に努める。

3 コンピュータ及びインターネットの主な利用形態

(1)情報発信
@児童の活動(総合的な学習の時間や特別活動・各教科等での取り組みや児童の作品、各種行事の様子)を学校のホームページで発信する。

A自校の研修や研究の内容をホームページに公開する。

B校内LANを活用した生徒同士の作品発表や感想の交流などを行う。

(2)情報の受信

学校のホームページや教育活動に対する意見等を広く一般から受信する。

(3)情報検索及び収集

   学習に関する情報を検索、収集する。

(4)教材作成

授業で活用できる画像データや文書データを収集・加工し、教材作りや授業に活用する。

(5)国内及び国際交流

電子メール等により、国内及び海外の都市、学校等との交流を行う。

(6)その他

その他、教育活動等に関すること。

4 管理・運営

(1)管理責任者は学校長とし、教職員に対して指導及び監督を行う。

(2) 管理責任者は、コンピュータ及びインターネットの円滑で適正な運用と活用のため、利用責任者をおく。利用責任者は教頭とする。

(3)管理責任者は、本ガイドライン及び法律、条例等を遵守するほか、次の事項に注意する。

  @インターネットに接続するための接続ID、パスワードは不正に使用されることのないよう適正に管理する。

A電子メール利用のためのメールアドレス、メールアカウント、パスワードは不正に使用されることのないよう、適正に管理する。

Bホームページ公開のための接続ID、パスワードは不正に使用されることのないよう、適正に管理する。

5 個人情報およびデータ等の保護

(1)インターネットに接続するコンピュータを特定し、それ以外のコンピュータはインターネットに接続しない。

(2)インターネットに接続するコンピュータには、児童等の個人情報を含むデータをコンピュータ内部の記憶装置には蓄えない。また、USBメモリ等に保存した個人データは外部にもち出さない。

(3)コンピュータウイルス(コンピュータシステムの動作を妨害する目的で作られたプログラム)の予防に努める。

(4)コンピュータシステム等の異常が認められたときは、直ちにパソコン及びインターネットの利用を中止し、教育委員会に報告する。

6 ホームページ、電子メール等による情報の発信

(1)ホームページ、電子メール等により情報発信を行う場合は、公的名称を使用し教育委員会が指定したインターネットサーバ(インターネット上における情報の受発信を制御するコンピュータ)において行う。

(2)管理責任者は、ホームページにより情報の発信を行う場合は、本基準に基づいた適正な発信内容であることを事前に確認する。

(3)ホームページには、情報発信がこのガイドラインに基づいたものであることを明記する。

(4)ホームページに発信した情報の著作権については、その帰属先をホームページに明記する。

7 個人情報の発信とその範囲

(1)インターネットを利用した児童及び関係者の個人情報の発信は、管理責任者が学校教育のために必要と認めた場合に限るものとし、発信された個人情報により本人が不利益を被ることがないよう、必要な対策を講じなければならない。

(2)児童の個人情報を発信しようとするときは、本人及び保護者に対して、個人情報を発信する趣旨及び危険性を説明し、同意を得た上で、教師の指導のもとに発信する。

(3)ホームページに発信した個人情報について、本人若しくは保護者から、訂正・削除の要請があった場合には、速やかに適切な措置を講じなければならない。

(4)インターネットで発信する児童の個人情報の範囲は次のとおりとする。

   @姓名、住所、電話番号等

原則として姓を用い名は使わない。ただし、教育上必要がある場合には、姓名を使うことができる。

A意見・作品等

児童の意見・作品等については、教育上の必要がある場合には、発信することができる。

B写真・動画

児童の写真・動画を使う場合は、集合写真とするなど個人が特定できないよう配慮する。ただし、電子メールやテレビ会議システムなどの利用においては、教育上の必要に応じて、個人写真・動画を使うことができる。

C年齢、趣味・特技、その他の個人情報

電子メールやテレビ会議システムなどにおいては、教育上の必要に応じて、年齢、趣味・特技等を発信することができる。ただし、住所、電話番号、生年月日は発信しない。

8 著作権等の保護

インターネットを利用する場合には、著作権、肖像権、知的所有権、その他権利の保護に努め、当該権利の侵害が行われることのないよう、適正な管理を行う。

9 教師による指導の徹底

(1)教師は、コンピュータ及びインターネットを利用した教育活動を通して、他人の誹謗・中傷をしないこと、個人情報の保護、著作権、肖像権、知的所有権に配慮することなど、ネットワーク利用について児童が正しく理解し、ルールやマナーを守って活用する情報モラルの育成を図る。

(2)教育上有害な情報の取り扱いについては特に留意し、指導の徹底を図るとともに有害な情報に接続できないように工夫する。

(3)児童が発信する情報は、原則として、教師の指導のもとに発信することとする。

(4)教師は、ネットワーク(校内LAN及びインターネット)の特性を考慮し、教育上不適切な情報の取り扱い等の指導を徹底する。

(5)法令等を遵守するとともに法令等に記されている権利を行使する。

10 その他(児童に関わる教育上の配慮・留意事項)

(1)児童が違法行為にかかることがないように努める。

(2)児童個人のメールアドレスについては、教育活動に必要がある場合のみ、教職員の指導の下に発行する。

(3)児童が電子メール等により、他人から誹謗・中傷を受けるなど、児童にとって不快な内容を含む情報を受信した場合には、すみやかに教職員に報告・相談するよう指導する。

(4)情報モラルが日常生活においても徹底できるよう、学校と家庭が連携しながら進めるよう配慮する。

(5)情報モラルについては、携帯電話においても徹底する必要性があることから、携帯電話の弊害等について家庭に周知するとともに、所持や利用にあたっては家庭と連携しながら進めるように配慮する。